menu_icon5 menu_icon1 menu_icon4 menu_icon2 menu_icon3 menu_icon6
新着情報 新着情報

新着情報

整育園通信

薬剤部の紹介①

診療部・薬剤科では、日常業務(調剤・薬品管理など)はもちろんのこと、薬剤・栄養・骨歯代謝・血液と分野を超えて学会発表などを外部へ向けて発信し、利用者様にとってより良い生活や医療サービスを提供できるよう日々努力しております。

ここ数年での学会で発表を行った内容(表題)と発表した学会を、以下新しい順にご紹介します。

0)山田 誠、河合 柚佳里、市地 智子、瀧田 大輔、秋田 美樹「多剤併用は腎機能低下のリスクの1つになり得る」3回日本老年薬学会学術大会(2019年5月11~12日、名古屋)未採択

1)山田 誠、河合 柚佳里、草野 文華、吉田 琢磨、市地 智子、瀧田 大輔、秋田 美樹「併用薬剤数は腎機能低下のリスクの1つになり得る」26回日本慢性期医療学会, 2018年10月11~12日(口頭発表)

2)山田 誠、及川 巧、山田 直人「重症心身障害者における多剤併用は腎機能低下のリスクの1つになり得る」44回日本重症心身障害学会学術大会, 2018年9月28~29日

3)山田 誠、阿部 明美、及川 巧、山田 直人「Melatonin receptor agonistであるRamelteonのDMFT指数(1人平均齲歯経験本数)への影響」13回東京都福祉保健医療学会, 2017年12月14日(誌上発表)

4)山田 誠、及川 巧、谷川 仁美、山田 直人「抗てんかん薬の造血機能への影響についての検討」42回日本重症心身障害学会学術大会, 2016年9月16~17日(口頭発表)

5)山田 誠、及川 巧、山田 直人「重症心身障害者におけて骨密度と脊椎側彎症とには関連性があるか?-脊椎側彎症の基礎的研究-」41回日本重症心身障害学会学術大会, 2015年9月18~19日(口頭発表)

6)山田 誠、有賀 成子、山田 直人「Melatonin受容体アゴニストRamelteonは骨密度を増加させる可能性がある」40回日本重症心身障害学会学術大会, 2014年9月27日(口頭発表)

7)山田 誠、佐藤 由希子、野村 七美、中澤 恭子、有賀 成子、山田 直人「低IgA血症に対するGFO療法の効果」21回日本慢性期医療学会, 2013年11月15日(口頭発表、優秀演題受賞)

8)山田 誠、有賀 成子、中澤 恭子、山田 直人「血中アルカリホスファテーゼ値は抗てんかん薬zonisamide (ZNS) の血中濃度と正の相関を示す」8回平成医療福祉グループ学術大会, 2012年5月26日(口頭発表、優秀演題受賞)

ご興味のある方は、薬剤部までご連絡ください。(文責:薬剤部・山田)

 

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
042-341-3013
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る